金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「1級眼鏡作製技能士」と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~1級眼鏡作製技能士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら
  • LINEで気軽に問い合わせ・ご質問
  • 友だち追加

新ブランド導入!「Saint Laurent」(サンローラン)のメガネフレームが登場です

   

太陽めがねに2023年!新ブランドが導入となりました。
「Saint Laurent」(サンローラン)のメガネフレームです。

その昔、世の中にイヴ・サンローランのグッズというか、小物がいっぱいだった時代がありました。
メガネもイヴ・サンローランのメガネがあり、売れてました。
しかし、その時代は女性というか、ご婦人向けのデザインや飾りで「おばちゃんのメガネ」って感じでした。

しかし、そこから月日が流れ、2016年よりクリエイティブディレクターに就任したアンソニー・ヴァカレロのもと時代を超越したスタイルと現代的な贅沢、優れた品質の商品を提供しています。

ということで、コレクションも「イヴ・サンローラン」ではなく「Saint Laurent」(サンローラン)となり、ロゴも新しくなっています。

今回ご紹介するのは2023秋冬モデル。しかもアジアンモデルというかジャパンモデルとなっております。

写真上は、ややスクエアのモデルになっています。
写真下のはやや丸型のメガネになっています。

丸いのは結構かわいいらしい感じというか、どんな方にも掛けてもらいたいな~というモデルです。

このSIGNATUREロゴは2019年秋冬コレクションからアイウェアのカテゴリーに導入され、ブランドのDNAとのゆるぎないつながりが生まれました。

海外ブランドに良くある、かけ具合の問題。
特に、鼻の高さが欧米人と違う、日本人は本国仕様のメガネではほぼ掛けられません。
ずり落ちたり、まつげが当たったりします。
その点このサンローランは日本仕様。鼻パッドが付いており、しっかり掛けられます。

また、太陽ねがねにお立ち寄りいただければと思います。

 - Saint Laurent サンローラン

  関連記事

関連記事はありませんでした