金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「認定眼鏡士SS級」技術者と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~SS級認定眼鏡士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら

メガネフレームのあれこれ(その2)ナイロール編

   

md8005.jpg
昨日からお話しているメガネフレームの形状によるあれこれ話。
メガネフレームは形状により、
1.メタル枠(レンズの周り全てがフレームでカバーされているもの)
2.ナイロール枠(フレームがレンズの半分程度であとは無いもの)
3.ポイント(ツーポイント)枠(レンズの周りにフレームが無く、レンズに穴を開けるもの)
に分類できると昨日お話しました。
昨日はふち無しメガネの(ツーポイント枠)についてお話しましたが、今日は、2.ナイロール枠(フレームがレンズの半分程度であとは無いもの)
についてのメリット・デメリットについてお話したいと思います。
まず、基本的にはフレームのデザインにもよりますが、通常、レンズの周りの半分ほどがフレームで囲まれ、残りの部分のレンズがむき出しの状態になっている物を言います。
レンズ保持の機構としてはレンズ側面(レンズを横から見たときに厚みを感じる部分)に細い切り込みを入れます。その切り込みに沿ってナイロン糸(釣り糸の様な物)を通し、フレーム部分でそのナイロン糸を留めてレンズを保持しています。レンズを吊り下げるようね形式です。
レンズへの切り込みはレンズ全周に入れます。この為、フレーム側もレンズの切り込みに対応できる出っ張りが付いています。
このタイプのメリットも昨日のツーポイントと同様「すっきりとしたデザイン」が特徴です。また、フチナシ枠と違い、使っているうちにネジが緩んでメガネ自体ががグラグラするということもありません。なので、「すっきりとしたデザインを保ちつつ、強度的にも優れている」これがナイロール枠のメリットです。
しかし、ナイロール枠もまた、デメリットもあります。
レンズをナイロン糸で吊り下げて保持しているのですが、このナイロン糸は時間が経つと当然劣化してきます。また、結構な力も糸に掛かっています。この為使用しているうちに突然糸が「プチッ!」と切れるということが起こりえます。こうなるとレンズはポロッっと落ちてしまい、メガネとして使用出来なくなります。
ただ、この糸はメガネ店で直ぐに張替えが出来るのでレンズとフレームをお持ちいただければ、5分〜10分ほどで直ります。
また、遠視や老眼などの凸レンズの場合、全て枠があるものに比べて同じ度数でもレンズの厚みが厚くなってしまうことがあります。これは、レンズの側面に切り込みを入れる構造のためレンズ側面はその切り込みを彫れる分だけの厚みが必要になります。この為、場合によってはレンズをわざと厚くする必要があるわけです。
なので、遠視の方や老眼などで凸レンズを使用されるかたはちょっと注意が必要です。
今日もざっと、お話しましたが、メガネフレームはデザインだけではないそれぞれのメリット・デメリットがあります。実際に掛けてみて、メガネ店でよく相談されてみるのが一番かと思います。
※告知
8/15日は大変勝手ながら夏季休業とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします<(_ _)>
ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。秊
ポチッと1発お願いします

 - めがねの知識

  関連記事

めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part5

いや〜前回から本当に長い期間があきました。この「めがね屋さんは機器を結構使ってるんです」シリーズ!! 調べてみたら前回は2006年の1月ほんとにご無沙汰です。 …

20190131_3
アイビジョンプロジェクト(EVP)では現在北国銀行大徳支店内のギャラリーにて「視力展」を行っています

アイビジョンプロジェクト(EVP)では現在北国銀行大徳支店内のギャラリーにて「視力展」を行っています。 EVPとは ◆EVPの理念 EYE&VISIONを追求し …

白内障って?メガネで治るのか?

メガネ屋さんでよく聞かれる言葉の1つに「白内障」というものがあります。 眼科さんで「白内障」と言われたがメガネで見えるように出来ないか?など。 「白内障」とは? …

201503131
「小学生のメガネはまず眼科での検診をお勧めします」とのお知らせが来ました

「小学生のメガネはまず眼科での検診をお勧めします」とのお知らせが来ました。 送り主は「眼鏡技術者国家資格推進機構」という団体です。(http://www.meg …

メガネと快適にお付き合いいただくためにその2

 さて、昨日の続きです。 「メガネのお手入れで注意することは? 」    毎日使うメガネは、いつもキレイにしておきたいもの。気を付 …

めがね屋さんは機器を結構使ってるんです

これからたまに「めがね店で使われている機器」を紹介を紹介していこうと思います。 今日ご紹介するのは「レンズを削る機器」です。 通常めがねレンズはレンズメーカーか …

メガネのメンテナンスはどうする?

皆さんお持ちのメガネ、使っているとやっぱり痛んだり、汚れたすることがあると思います。 そんなときは金沢・太陽めがねにお持ちいただければ専用の超音波洗浄器できれい …

めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part4-2

すっかり長くなってしまった。今回のシリーズですがこれで完結です。 その後、技術革新が進みましたが、高速回転する砥石にレンズを押し当てて削るというのは同じですが、 …

メガネレンズは薄ければ良い!訳ではありません

今日は、ちょっと難しいお話。 皆さんはメガネを購入の際、「レンズの厚み」には非常に関心があると思います。また、「レンズは薄いほうが良いに決まってる!」と思ってい …

IMG_1528
メガネのネジが折れて、取れなくなった。でも修理出来ます

メガネは、ネジで留まっている部分が多いです。 主に金属製のメガネの場合に多いのですが、レンズを留める場所、フロントと腕を繋ぐ場所、鼻パッドを留めている所などです …