金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「認定眼鏡士SS級」技術者と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~SS級認定眼鏡士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら

メガネフレームのあれこれ(その3)メタル編

   

md8006.jpg
さて、先日からお話しているメガネフレームの形状によるあれこれ話もいよいよ最終話。メタル枠の紹介です。
メガネフレームは形状により、
1.メタル枠(レンズの周り全てがフレームでカバーされているもの)
2.ナイロール枠(フレームがレンズの半分程度であとは無いもの)
3.ポイント(ツーポイント)枠(レンズの周りにフレームが無く、レンズに穴を開けるもの)
に分類できるとお話しました。
今日は、1.メタル枠についてのメリット・デメリットについてお話したいと思います。
では、なぜ、メタル枠か?正確にはフルリム枠で良いと思うのですが、レンズの周りをフレームが全て囲んでいるもの。つまりリムが全面(フル)にあるからです。
で、金属であればフルメタル、樹脂製であればセル枠(こちらはフルセル枠とは余り言わない)となります。もっとも一般的な形ですね
レンズ保持の機構としてはレンズの全周をリムで「キッチリとはさみ」、リムをネジで締めることによりレンズを保持しています。
レンズ側面は昨日のナイロール枠の切り込みとは違い、今度はリムにきちんと挟まって、抜けないように「ヤゲン」という山形の突起を全周に立てます。
この為、フレーム側にもレンズの山形にあったくぼみがあります。
このタイプのメリットは何といっても「丈夫である」が特徴です。レンズがむき出しで無いため破損や欠けなどの危険性は少ないですし、フレーム自身もレンズに頼る事全てを金属などの素材で出来るので丈夫です。
フチナシ枠の用にレンズのネジが緩んでメガネがグラグラする心配も無いですし、ナイロール枠のように糸が切れてレンズがポトリもありません。
また、レンズ全部を枠が囲っていますので、遠視や老眼などの凸レンズをお使いの方は、ギリギリまでレンズを薄くすることも可能です。(レンズに穴を開けたり、切り込みを入れる余分はいらないですからね)
しかし、フルリム枠もまた、デメリットもあります。
まずは、重さがやっぱり重くなります。他の形状と違い全てが枠で囲まれますからどうしても重量がでます。
また、リムを止めてあるネジが使用によって緩んでくるとレンズがはずれることがあります。(他の2つに比べると頻度は少ない)
また、メリットかデメリットかの判断は難しいのですが、「メガネが目立つ」というのもある程度は仕方がないかもしれません。(これは逆に言うとおしゃれにも演出が可能ですが)
今日もざっと、お話しましたが、メガネフレームはデザインだけではないそれぞれのメリット・デメリットがあります。実際に掛けてみて、メガネ店でよく相談されてみるのが一番かと思います。
※告知
8/15日は大変勝手ながら夏季休業とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします<(_ _)>
ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。秊
ポチッと1発お願いします

 - めがねの知識

  関連記事

メガネレンズのキズはこうして起こる。レンズのクリーニング方法

先日、レンズメーカーHOYAさんの講習会が金沢でありました。 その中でメガネを使用する方が知っているようで、知らないメガネレンズの取り扱いについて説明がありまし …

20190131_3
アイビジョンプロジェクト(EVP)では現在北国銀行大徳支店内のギャラリーにて「視力展」を行っています

アイビジョンプロジェクト(EVP)では現在北国銀行大徳支店内のギャラリーにて「視力展」を行っています。 EVPとは ◆EVPの理念 EYE&VISIONを追求し …

メガネレンズは薄ければ良い!訳ではありません

今日は、ちょっと難しいお話。 皆さんはメガネを購入の際、「レンズの厚み」には非常に関心があると思います。また、「レンズは薄いほうが良いに決まってる!」と思ってい …

メガネに関する色んな疑問に答えます。

ちょっとだけ冬らしく、寒くなった金沢です。 とは言っても聞くところではお隣の富山や福井は雪が多いらしいのですが、金沢はちょっとだけ。 今日も日中は日が照り、雪も …

IMG_1528
メガネのネジが折れて、取れなくなった。でも修理出来ます

メガネは、ネジで留まっている部分が多いです。 主に金属製のメガネの場合に多いのですが、レンズを留める場所、フロントと腕を繋ぐ場所、鼻パッドを留めている所などです …

メガネフレームのあれこれ(その1)「ツーポイント編」

今日からはメガネフレームについてメリットやデメリットなどちょっと書いていこうかと思います。 メガネフレームの区分けの仕方には素材や形、色などさまざまな区分け要素 …

久しぶり!めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part4

久しぶりの、めがね屋さんの機器シリーズです。以前から結構あいだがあいてしまいました。 さぁ、今回の紹介は加工時の要・主役の「レンズ削り器」(レンズ加工機)です。 …

めがね屋さんは機器を結構使ってるんです

これからたまに「めがね店で使われている機器」を紹介を紹介していこうと思います。 今日ご紹介するのは「レンズを削る機器」です。 通常めがねレンズはレンズメーカーか …

久しぶり!めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part4-2

今日も昨日に引き続いてレンズ加工器の続きです。 レンズ加工はその後、機械化されました。その機構を大まかに言うと、一方に丸いレンズとプラスチックで出来た型紙を同軸 …

めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part3

久しぶりですが、「めがね店で使われている機器」を紹介の第3弾です。 今日ご紹介するのは「レンズの度数測定」(レンズメーター)に関するものです。 レンズメータの役 …