金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「認定眼鏡士SS級」技術者と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~SS級認定眼鏡士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら

メガネレンズは薄ければ良い!訳ではありません

   

今日は、ちょっと難しいお話。
皆さんはメガネを購入の際、「レンズの厚み」には非常に関心があると思います。また、「レンズは薄いほうが良いに決まってる!」と思っていませんか?
確かに、レンズの厚さは自分で見ても、人から見られても薄い方が見た目にも良いですし、メガネ自身がちょっとでも軽くなるという効果もあります。
ただ、ここで問題が「薄型のレンズは色がにじむ!」という問題があるんです。
ここからがちょっと難しい話なんですが、メガネレンとしての大事な3要素があります。それが、「屈折率、比重、アッベ数」です。
屈折率とは、空気中(真空中)から光を通す液体や固体に光が入ったときに、 光が屈折される比率(真空中を1.00として)を屈折率といいます。 お風呂(水の屈折率は1.33)に入ったときなど、自分の足が短く見えたりするのも、光の屈折によるものです。
現在、メガネレンズには屈折率が1.50〜1.76まであり、大きい数字になるほど薄型のレンズというわけです。
比重ですが、液体または固体の場合、水(4℃)を1.00として同体積における重量比をいいます。 眼鏡レンズの理想である「薄くて軽いレンズ」とは、言い換えると、高屈折率で比重の少ないレンズ となるわけですが、高屈折率レンズは、どうしても分子量が大きくなってしまうので、比重も比例して重くなってしまいます。つまりレンズは薄くなったが重さはあまり変わらなかった というのが現状です。
そして、アッベ数ですが、光を通す液体や固体の光の分散具合を示す数値です。 虹を見てもわかるように、自然光にはいろいろな色の光が交じり合っています。 そして、それぞれの光線には、それぞれの屈折率が存在しています。 アッベ数が大きいほど、それぞれの光線の屈折率差が少なく、色にじみが少なくなります。 レンズにおいては、アッベ数が40以上でほとんど色分散が気にならないと言われています。 しかし、高屈折率(薄い)レンズになるほどアッベ数が小さくなってしまうのが現状です。
ab.gif
つまり、余り度数の強くない人が必要以上の薄型を選ぶということは、アッベ数は低下し比重は上昇すると言うことです。
これは、見た目は良いが、光学性能などは余り気にしないということになります。
これまでの経験上、近視の方の場合、度数がS-3.00前後までは屈折率1.50で、S-4.50前後で1.60、それ以上で1.67〜で十分だと思います。(厚みはフレームの大きさにも関係しますが)
また、度数によっては標準タイプと高屈折タイプとの厚みがコンマ何ミリということもあります。めがね屋さんで良く相談され、よりよりレンズを選んでくださいね。
ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。秊
ポチッと1発お願いします

 - めがねの知識

  関連記事

yogiore.jpg
メガネと快適にお付き合いいただくためにその2

 さて、昨日の続きです。 「メガネのお手入れで注意することは? 」    毎日使うメガネは、いつもキレイにしておきたいもの。気を付 …

namida.jpg
目に大切な涙・なみだ・ナミダのお話

先日、眼科へお邪魔した際に「涙の話」という冊子がありました。 眼については皆さんも結構詳しいですが、涙についてはあまりご存知ない方も多いので、今回は「涙・なみだ …

HI3A0014.JPG
メガネ洗浄の決定打!超音波洗浄器ってどんなもの?

メガネ店でメガネのクリーニングをすると自分で洗うより、メガネがピカピカになる。 何でだろう?そう思った方は多くないですか? 実はメガネ店では専用の超音波洗浄器を …

P1030878
「小学生のメガネはまず眼科での検診をお勧めします」とのお知らせが来ました

「小学生のメガネはまず眼科での検診をお勧めします」とのお知らせが来ました。 送り主は「眼鏡技術者国家資格推進機構」という団体です。(http://www.meg …

meganeday.gif
メガネの日があるって知ってますか?10月1日はメガネの日です。

10月になりました。衣替えで季節が変わるのを感じますが、今日の金沢はちょっと蒸し暑いです。 また、テレビ番組も改変され、今年は話題の郵便局の民営化も今日の10月 …

P1000114.JPG
久しぶり!めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part4

久しぶりの、めがね屋さんの機器シリーズです。以前から結構あいだがあいてしまいました。 さぁ、今回の紹介は加工時の要・主役の「レンズ削り器」(レンズ加工機)です。 …

ポチッと1発お願いします
メガネに関する色んな疑問に答えます。

ちょっとだけ冬らしく、寒くなった金沢です。 とは言っても聞くところではお隣の富山や福井は雪が多いらしいのですが、金沢はちょっとだけ。 今日も日中は日が照り、雪も …

hakunai.jpg
白内障って?メガネで治るのか?

メガネ屋さんでよく聞かれる言葉の1つに「白内障」というものがあります。 眼科さんで「白内障」と言われたがメガネで見えるように出来ないか?など。 「白内障」とは? …

P1000115.JPG
久しぶり!めがね屋さんは機器を結構使ってるんです Part4-2

今日も昨日に引き続いてレンズ加工器の続きです。 レンズ加工はその後、機械化されました。その機構を大まかに言うと、一方に丸いレンズとプラスチックで出来た型紙を同軸 …

メガネのネジが折れて、取れなくなった。でも修理出来ます

メガネは、ネジで留まっている部分が多いです。 主に金属製のメガネの場合に多いのですが、レンズを留める場所、フロントと腕を繋ぐ場所、鼻パッドを留めている所などです …