金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「認定眼鏡士SS級」技術者と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~SS級認定眼鏡士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら

レンズのキズ・傷はなぜ起こる?レンズのキズ・傷の修理は可能か?

   

「メガネレンズにキズ・傷が入ったが直らないか?」というご質問を良く聞きます。太陽めがねとしても直してあげたいのですが、レンズに入った傷・キズを直すことは出来ません。
直す場合、レンズ表面を削ことになるのですが、削るとレンズの度数が変わってしまいます。また、レンズを削って再度コーティングを掛けるとコストが合わないと言うことでメーカー側も対応していないのが現状です。
では、なぜ、レンズは痛むのか?

プラスチックレンズの場合、キズに見えますが、硬いものに当たって出来る本当のキズと
レンズの透明度(透過率)を高めるために施されているコーティングがはがれてキズのようにと言うものがあります。
このコーティングの「はがれ」が実は、結構目立つのです。

 

osc-1.jpg

では、なぜコーティングが「はがれる」のか原因は使っている状況にあります。
プラスチックレンズの場合、熱が大きな問題なのです。

 
osc-image3.gif

レンズ素材と表面のコーティングが熱によって同じ膨張で伸びれば良いのですが、素材とコーティングの伸び率が違う!その為に「はがれ」てしまうのです。
このように、現在主流となっているメガネレンズには問題が。
しかし!このたび、この問題を解決する新レンズが開発されました!
それが、「オーガニックシールドコート」
レンズコーティングに素材と同じ有機コートの開発で、熱に強い最強プラスチックレンズの誕生したというわけです。

  
osc-image4.gif

詳しくは東海光学HPをどうぞ!

 - メガネレンズ, TOKAI 東海光学

  関連記事

IMG_6134
太陽めがねのメガネは一式¥8000からあります。

太陽めがねではメガネ1式¥8000(税込)からございます。 今日は、そのご紹介。 金属モデルや樹脂モデルなどの結構な本数をご用意しております。 その中から樹脂モ …

祝!リラクシー販売

今日、先日ご注文いただいた「ニコン・リラクシー」が入荷してきました。 ニコンリラクシーは以前このブログでも紹介しましたが、パソコンなどにより疲れ目を感じる30歳 …

ネタが・・・あるような無いような・・

どうも、最近ブログをちょっとサボり気味の店長です。 特別忙しいわけでも無いのですが、ブログを書くのが後回しになり、気がつくと「あ!またサボってしまった」となりま …

レンズメーカーご紹介シリーズ第三弾。世界一薄いレンズを作る東海光学

  ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。 セイコー・HOYAと書いてきたメガネレンズメーカーのご紹介シ …

スライド1
太陽新聞4月号出来上がり~

太陽新聞4月号出来あがっております。 今月は「レンズレンジャー」ということで、これからの季節に欲しくなる、メガネレンズの「色」について書いてみました。 同時に紫 …

IMG_8628
境い目がある遠近両用のバイフォーカル(二重焦点レンズ)もまだまだ現役ですが、この切れ目が45mmは珍しいのです

久しぶり?かなレンズのお話。 その昔、遠近両用メガネと言えば、今日ご紹介するバイフォーカル(二重焦点)レンズの事でした。 これは、レンズの下側に境目(さかいめ) …

遠近両用レンズといえば「バリラックス」これを知っている方は結構メガネ通の人!?

さて、昨日のニコンが今度発売する新レンズ「その2」です。 「遠近両用レンズと言えばバリラックス」というキャッチフレーズをご存知でしょうか?かなり昔に使われた物な …

金沢・太陽めがね。kodak・コダックの偏光レンズのカラー紹介その3

先日からご紹介のkodak・コダックの偏光レンズシリーズ。今日、ご紹介するレンズカラーはブラウン系の2色。「マロンブラウン」と「テンダーブラウン」の2色を一気に …

疲れ眼に「bui、ビュイ」レンズとマサキマツシマのメガネの組み合わせ。おしゃれでbui・ビュイ効果バッチリメガネ

先日、友人がやってきて、「最近眼が疲れるんだな〜」ちょっと視力測定してみて!と言われました。 早速測定してみると、乱視が結構ある。「近視や遠視ではなく、乱視のみ …

2015062601_ページ_1
太陽めがね「美肌メガネ」セール開催!

日差しの強い季節になって来ました。ということで、太陽めがねでは「美肌メガネ」セール開催します! 紫外線カットはもはや当たり前ですが、実は、レンズの裏側からの紫外 …