金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「認定眼鏡士SS級」技術者と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~SS級認定眼鏡士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら

HOYAのメガネレンズ・フレーム

   

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。
ポチッと1発お願いします

 昨日のブログでセイコーさんについてご紹介しました。

これまで、ニコンさんやセイコーさんについてご紹介してきましたが、メガネと言えばというところで有名な会社がもう一社あります。

そう、HOYA(ホヤ)です。

太陽めがねとはかなり昔に取引があったみたいですが、その後はずっと取引が無く、最近また取り扱いを始めました。

 

その昔、HOYA(ホヤ)と言えば、遠近両用メガネレンズ「バリラックス」が有名な時代がありました。これは「バリラックス」の製造メーカであったヨーロッパのエシロール社とHOYAが提携し日本で販売していた為です。

その後、バリラックスとの提携が無くなり、現在の「ホヤラックス」となりました。(現在はバリラックスはニコンと日本で組んでいます)

現在HOYAでは遠近40周年記念キャンペーンを開催中
boom.jpg

ユレ・ユガミが少なく、より広く使いやすい視界。[BOOM]設計による快適な遠近生活を提供します。

 

また、活発に動く目をサポートする現代人向けの新開発レンズ「リマーク」のキャンペーンも

keroro.jpg

詳しくはHOYAのホームページをどうぞhttp://www.vc.hoya.co.jp/index.html

メガネ業界ではなんだかんだ言っても巨大ガリバー企業であるHOYAです。

 

 - メガネレンズ

  関連記事

偏光レンズとはどんなもの?KODAKの偏光レンズを金沢・太陽めがねでは取り扱い

皆さんご存知のカメラで有名なkodak(コダック)ですが、実はメガネレンズも作っています。金沢・太陽めがねではkodak・コダック製のメガネレンズも扱っておりま …

金沢・太陽めがね。kodak・コダックの偏光レンズのカラー紹介

金沢・太陽めがねではkodak・コダックの偏光レンズを取り扱っているということは昨日のブログでご紹介しました。 で、今日かは偏光レンズカラー全7色についてご紹介 …

疲れ眼に「bui、ビュイ」レンズとマサキマツシマのメガネの組み合わせ。おしゃれでbui・ビュイ効果バッチリメガネ

先日、友人がやってきて、「最近眼が疲れるんだな〜」ちょっと視力測定してみて!と言われました。 早速測定してみると、乱視が結構ある。「近視や遠視ではなく、乱視のみ …

サングラスの中でも眼に優しいサングラスは偏光レンズのサングラス。太陽めがねではコダック(kodak)の偏光サングラスを取り扱っております

サングラスの中でも「ツウ」の方が好むサングラスに「偏光レンズサングラス」があります。(特に釣りをされる方などは必須ですね) この「偏光」ですが、くレンズの色が太 …

眼精疲労に是非!bui・ビュイレンズ体験グッズ

ブログランキングに参加中!この印を見ましたらプチッとクリックをよろしくお願いします。秊 最近、多くの方が「眼精疲労」や「眼の疲れを訴えています」 …

度付きのサングラスの色は自由自在。好きな色・濃さでメガネが作れるんです。

上の写真はメガネレンズ用カラーサンプルの冊子です。 以前のメガネレンズの色ははレンズメーカーごとに独自にカラーを設定していました。つまり、同じような茶色でも、ニ …

お困りの方!いませんか?くもらないめがねレンズあります。

これからの季節、外から屋内に入ったときやラーメンなどを食べた時などめがねが曇って、通勤・通学などでバスに乗ると曇る・・・という方は必見です。 曇らないめがねレン …

金沢・太陽めがね。kodak・コダックの偏光レンズのカラー紹介その2

先日からご紹介のkodak・コダックの偏光レンズシリーズ。今日、ご紹介するレンズカラーはグレーシリーズ2色目「テンダーグレー」という色です。 レンズ濃度は70% …

S__105111563
ニコンセンチュリーAI ニコンが誇る遠近両用メガネレンズのご紹介

太陽めがねはメガネ専門店でして、フレームはもちろん、レンズメーカーも様々なメーカーさんのレンズを扱っております。 当店で扱っているメーカーさんだと、 有名どころ …

IMG_8207
片眼13プリズム!強度プリズム加工の遠近両用メガネを作成しました。

片眼13プリズム!強度プリズム加工の遠近両用メガネを作成しました。という今日のブログタイトル。 はっきり言って、今日のブログは業界人向けかもしれません・・でも、 …