金沢市鳴和で生まれた地元のメガネ店。「認定眼鏡士SS級」技術者と「認定補聴器技能者」が親切丁寧に皆様のお手伝いを行います。

石川県金沢市の太陽めがね~SS級認定眼鏡士と認定補聴器技能者が視生活のアドバイザーとして快適なメガネをお作りします

  • TEL.076-251-9902
  • お問い合わせはこちら

太陽めがねの歴史を感じる品をお客さまが持っていました

   

太陽めがねの歴史を感じる品をお客さまが持っていました。

太陽めがねはおかげ様で鳴和で今年42年になります。
現店舗に移ったのが平成17年でして、現店舗に移ってから既に13年になりました。

そんななか、お客さまがメガネの調整に持ってこられたメガネケースの中に懐かしのものが。

メガネをご購入の際にお付けしているメガネ拭き(レンズ拭き)業界ではセリートと言われるものです。

太陽めがねはメガネの卸売業を祖業にしていまして、卸をしながら小売店もやっていました。

この印刷内容はたぶん、先代である父が決めたものだと思いますが、
メガネ拭きにも当時の店名である「太陽眼鏡」と書かれています。

住所も旧店舗。電話番号とFAXまで書いてありました。FAXが珍しかったので記載したのでしょうか?

そして、何よりこの生地。メガネ拭きはこの時代一流品というか良いものは「セーム皮」だと思います。
しかし、セーム皮をサービスでお付けするには価格の問題が・・
で、「別珍」のようなメガネ拭きが一般的には使われていました。

その後現在の超極細繊維を用いたトレシーなどになるのですが、見るとこの素材は別珍でもないし、超極細繊維でもなさそう・・

もしかして、ちょうど過渡期の商品だったのでしょうか?ぱっと見はガーゼの様です

一番ビックリしたのはお客さまが今でも現役でこの時のメガネを使い、メンテナンスに持って来てくださったこと。
ケースにセリートをきちっと引いてあることからも大事に使っていただいたのがわかります。

もちろん、お持ちいただいたメガネもメンテナンスさせていただき、お返しさせていただきました。

これまでの太陽めがねの歴史に感謝し、ますますの精進をおもった日でした

 - 地域ネタ雑談等

  関連記事

HI3A0210.jpg
梅の後は、椿の鉢植え

先日、このブログでご紹介した、観葉植物と胡蝶蘭を植え替えていただいた方から椿の鉢植えをお借りしました。     このような形態でも「盆栽」と …

P1020487.JPG
お客さまからロシアのチョコレートをいただきました

今日、太陽めがねに「日本に帰ってきました~」とお客さまがご来店されました。 ん?と顔を見るとすぐに思い出しました。 2年前に「海外に行くんでメガネ作って行きたい …

「ひゃくまんさん」と私

今日のブログは「ひゃくまんさん」と私ということで はぁ?って感じかもしれませんが・・ 「ひゃくまんさん」とは石川県観光PRマスコットキャラクターのことでして、 …

HI3A0015.JPG
穴が開いていた太陽めがねに店頭に新顔が登場

先日8/17日のブログでご紹介した「太陽めがね前での穴掘り」ですが(http://www.taiyomegane.com/megane1st/2007/08/p …

meganemovie.jpg
「祝・映画めがね」ベルリン国際映画祭・ザルツゲーバー賞受賞

  昨年太陽めがねが試写会を行った映画「めがね」、がこの度ベルリン国際映画祭で日本映画としては初めてザルツゲーバー賞を受賞しました!!   …

臨時休業のお知らせ

桜がほぼ満開の金沢です。 お昼前から雨が降り寒くなってきました。 さて、突然の告知で申し訳ありませんが、 太陽めがねは明日4/12(火)臨時休業させていただきま …

HI3A0227.jpg
椿の鉢植えのその後。ツバキが満開

  先日、このブログでご紹介した椿の鉢植えhttp://www.taiyomegane.com/megane1st/2008/02/post-512. …

07-03-11_10-21.jpg
太陽めがねbabyの名前決定!健孝です

すっかり親ばかと言うわけでも無いのですが、遅れていた我が子の名前がついに決定しました! 1日に生まれたので早く出生届を出さなくてはいけなかったのですがじっくり考 …

P1000749.JPG
これからの時期。めがね業界は展示会ラッシュです

これ、何だと思います?じつはめがねに関する各種展示会の案内状なんです。 これからの時期めがね業界は展示会ラッシュに入るんです。 一番大きいのは東京・ビックサイト …

image/taiyomeganeblog-2007-01-01T23:59:55-1.jpg
2007年あけましておめでとうございますパート2

野間神社に続いて崇拝神社である。羽咋の「気多大社」へ この気多大社には子供の頃から家族みんなで初詣に言っている所です。 以前は新年を迎えた夜中に家を出て向かって …